トップ / 繰り返す腰痛には湯船が効果あり

繰り返す腰痛の改善法

繰り返す腰痛には湯船が効果あり

腰痛改善の為の入浴方法

繰り返す腰の痛みを和らげるためには、運動と共に入浴が効果的であるとされています。あまりに痛みがひどい場合は控えたほうが無難ですが、ある程度動けるようなら、普段シャワーだけでお風呂を済ませる方も、積極的に湯船へ浸かることをおすすめします。

腰痛の大きな原因には、筋肉のコリと血行不良があげられますが、温かいお湯に入浴することで、筋肉を緩め血行を促進する効果が見込めます。痛み物質や疲労物質の排泄を促し、浮力により腰の負担も軽減されるので、痛みが緩和されるのが実感できるはずです。

入浴の際は、顔から汗が噴出すくらい、ゆっくりと浸かって温まるのが良いとされているので、心臓などに負担がかからないように半身浴で行うのがポイントです。お湯の温度は40℃以下とぬるめに設定し、湯量はみぞおちの辺りまで浸かる程度とします。

さらに、お風呂の片方のふちを両手で持ち、腰をゆっくりと左右にひねったり、左右のふちにそれぞれ手をかけ、腰を上げたり下ろしたりするなど、腰の筋肉を曲げ伸ばしするストレッチを湯船の中なかで行うと、筋肉を効率良く柔らかくすることも可能です。

注意点としては、脱水状態になると筋肉がこわばりやすくなるので、長時間入浴する際はこまめな水分補給を意識し、湯船へ入ると腰が痛むときは、姿勢を後ろへ倒し気味にしたり、正座で入浴するなどして、背すじが真っ直ぐになるように工夫してください。

また、ぎっくり腰や激しい運動による腰痛の場合は、筋肉が炎症を起こしているので、温めると症状が悪化してしまう恐れがあります。そのようなときは、痛みが治まるまで冷やして安静にする必要があるので、お風呂はシャワーで軽くすませる程度にしましょう。